みずほ銀行のカードローンの流れについて

最近では、どこの銀行でもカードローンを取り扱っていますがみずほ銀行のカードローンには2種類のプランがあります。エグゼクティブプラントいうのとコンフォートプラントいうのがあり、金利はそれぞれ異なります。

まずエグゼクティブプランの金利は、3%から7%となっており借り入れができる最大限度額は1,000万円でコンフォートプランは3.5%から14%となっており限度額は同じで1,000万円となっています。

申し込み方法について

申し込み方は、わざわざお店に行かなくてもインターネットから申し込みができ、1000万円まで借り入れができますが、200万円までなら収入証明がいらないのです。新規で申し込みをした場合今でしたらキャンペーンをやっていて内容はキャッシュバックです。

みずほ銀行の口座を持っているか持っていないかで即日に融資をしてもらえるかが変わってきますが、持っている場合は最短で即日に利用ができ持っていない場合は口座を同時に申し込む必要があります。

プランは審査の結果によって銀行側が決めるため、選ぶことができませんが流れは申し込み方や返済方法は変わりはありません。

カーローンを申し込むのには、インターネットから申し込みができるのでインターネットから申し込みをします。
この時先ほど述べましたが口座を持っていないと即日に利用ができないので審査が通った時に口座を作らなければなりません。

すでに持っている人はキャッシュカードと兼用型のを選択する必要ができてくるので、口座を作ろうと思った時は初めから兼用としておくと便利です。借り入れをする時にはATMからもでき銀行振り込みからでも利用ができますが、ATMを利用する場合はカードが必要となるので新しく口座を作った場合は、カードがないので届くまではATMからは借り入れができません。

みずほ銀行の審査時間

気になるのが審査時間ですが、申し込み方によってことなりインターネットからですと即日に回答がでますがここで気を付けなければならないのが、申し込む時間帯です。
申し込みが午後になってしまうと翌営業日となる場合もあるので即日という方は午前中に申し込むことをお勧めします。

インターネット以外ですと。午前中に店頭に行けば即日となりますが午後に店頭に言った場合は2営業日以降よなることもあり、郵送や電話での申し込みをした場合は長くて2~3営業日くらまでかかってしまいます。

また申し込む曜日にも気を付けないといけないのが、土曜日は日曜日などインターネットから申し込みをしても受け付けはしてくれますが銀行が休みなことから審査は行っていません。

カードローンの審査に落ちないように気を付けることは、年収や勤務先、勤続年数などが審査の対象となるので誤ったことを入力しないよう送信するときには確認をしてから送信をする事が審査に落ちない方法のひとつと言えます。

返済方法は?

返済方法は3パターンあり便利な自動引き落としや自分でATMに行き返済をして行く方法とインターネットから返済をするネットバンキング方式があります。口座から引き落としてもらう場合は、毎月10日に自動的に引き落としてくれるので返済を忘れることがなく安心です。

PAGE TOP ↑